職場で相手の好意に気づく

リング

同僚からのサインとは

社内恋愛は、普通の恋愛と違い大っぴらにはしにくいものです。だからこそ、相手の送ってくるさり気ないサインを見逃さないようにすることが大切になります。では、社内恋愛の「脈あり」サインとは一体どのようなものなのかをご紹介していきます。1.仕事の相談をしてくる仕事の悩みを共有することは、同僚との距離感を縮めるチャンスにもなります。「次の案件へのアドバイスがほしい」など、相手が相談を持ちかけてきたら、あなたとの距離を縮めたいサインの可能性があります。しかし、内容がネガティブな愚痴ばかりの場合は「何でも話せる友達」と思われている場合もあるので要注意です。2.ミスをフォローしてくれる「好きな人の役に立ちたい」という気持ちから、さり気なくミスをフォローしてくれるというのも「脈あり」のサインです。特に、指導役や同じ業務担当ではないのに、あなたの仕事の細かな内容をフォローしてくれたとすればその可能性は大です。3.残業を手伝ってくれる社内恋愛ではなかなか「二人きり」というシチュエーションを作るのは難しいので、あなたの残業を手伝ってくれる、というのは「一緒にいたい」という気持ちの表れかもしれません。同様に、ランチに行くタイミングを合わせてきたり、帰りの時間を同じにする、というのも「脈あり」の可能性が高くなります。以上のような「脈あり」のサインに「もしかして」と気がついた場合には、思い切って食事に誘うなど、あなたからも一歩踏み込んでみましょう。「この間、仕事をフォローしてくれたお礼に」と言った口実で飽くまで軽く声をかけ、相手が誘いに乗ってくれるかどうかで本当に「脈あり」なのか見極められます。相手のサインを上手に受け取ることが、社内恋愛への第一歩になるでしょう。

Copyright© 2017 地域密着型の結婚相談所を利用しよう【サポート体制が充実】 All Rights Reserved.